シニアゴルファーがエージシュートの夢を追って!

田舎のシニアゴルファーがエージシュート達成に向かって練習する山あり谷ありのこれからの記録です。 25年のブランクを経て71歳にて再開!シニアゴルファーの記録です。 80歳の傘寿あたりがエージシュートの狙い目と思っております。 77歳のお祝いを喜寿(きじゅ)といい80歳のお祝いを傘寿(さんじゅ)と言います。 エージシュートは満年齢の場合と数えの年齢と二通りあるそうです。 私にとって喜寿の達成は到底無理なので、傘寿の時に80というスコアで何とかエイジシュートを実現できたらと考えております。

このところ体調をくずしたり、病気の治療もありしばらくゴルフ練習から遠ざかっておりました。


先週久々にゴルフの練習を再開いたしました。

今までの練習スイングは、腰と肩を目いっぱい回し、ねじって全力でスイングをしていました。

そのため練習の翌日は肩や腰が痛みだし、シップを貼るのが恒例でした。

しかし今回からは、シニアにやさしいゴルフ練習をめざすことにいたしました。


一切、肩や腰もほとんど回さず、腕のみで、直線的に打ち抜く方法の練習に取り組んでおります。


ゴルフの練習ができなかった日々、ゴルフ動画をみて、いろいろと研究して体にやさしい

特にシニアが楽に練習できる方法はないかと探し、これはと思う方法を今回から試しています。

習得は簡単ではありませんが、結構あたってくるようになってきました。

いままでのドライバーでのヘッドスピードは、2か所で測りましたが38前後で距離は練習ボールで200ヤードとどちらでも表示されておりました。


今回このスイングを試してみると、芯にあたる確率がアップし打球音も高く、いいかんじで打てるようになってきました。

さらに、肩も腰も回さず、ほとんど腕のみで打つ感覚で、距離も以前と同じ程度飛んでいるようです。

練習後、体が痛くなるところもなく、快適に練習を終えることができました。



こちらに、参考にしている動画をアップしてみました。

よろしかったら、一度試してみてはいかがですか!




毎年恒例の水戸市偕楽園の梅まつりが本日開園いたしました。

2月16日から3月31日まで開かれております。


偕楽園は金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三名園」のひとつで、
天保13年(1842年)に水戸藩第九代藩主徳川斉昭によって造園されました。

斉昭は、千波湖に臨む七面山を切り開き、領内の民と偕(とも)に楽しむ場にしたいと願い、
「偕楽園」をつくりました。園内には約100品種・3,000本の梅が植えられ、
早春には観梅客でにぎわいます。


観光いばらきサイトより


紅梅はひときわ美しさが目立ちます。
kairakuume




昨年の野立てですが、今年も楽しみに参加しようと思っております。
kairakuumeotya







吐玉泉

偕楽園の表門から大杉森、孟宗竹林を抜けた南西の崖下にある。

約50㎡の空間に寒水石(大理石)で作られた湧水施設である。

この場所は、造園以前から杉の巨木の下に湧水があり、
大田敬恵が寒水石の井筒を設計したと言われている




kairakutogyoku


1月のなかば暖かい日に、午前中地元のゴルフ練習場にいってきました。

ピッチング中心で次に7番アイアン、5番アイアンと各20級程度、
                         
そのあと、3番ウッド、最後にドライバーをおのおの20球程度にて終了。

自宅で毎日素振りを7番アイアンで100回程度しているので、

ドライバーの飛距離は200ヤード以上、スプーンで180以上飛ぶように

なっていました。

アプローチも自宅のパターマットで1メートルで止めるアプローチの

練習をしているので、ダブらずピッチング、サンドウェッジ等

ころがしやピッチショットもうまくできるようになりました。

課題はミドルアイアンの飛距離が今以上でるようになると満足です。

                          
               
結構汗をかきました。   



roiyaruutihararen13    goruhuboll




今年の初めに新年のお参りに笠間稲荷神社にいってきました。


途中、笠間歴史館の前で猿の芸をたまたま見かけたので

立ち寄りました。

とてもかわいいお猿さんのしぐさに心が和みかなりの人が

集まり見物していました。



sarugeikasama2


笠間市から岩瀬に向かって50号国道を走ると、途中右側に出雲大社が
厳かな雰囲気で崖沿いに建っております。


国道から少し坂をのぼると左に本殿が見え、11月末でしたが、
周囲の紅葉と緑の木々のコントラストの美しさに目を奪われました。

izumotaisya5



izumotaisya4


izumotaisya2

izumotaisya1

izumotaisyatearai2

izumotaisyatearai1




次に50号国道沿いに途中稲田付近に浄土真宗で有名な始祖親鸞の西念寺があります。


ここも見事な紅葉の風景の中に浸ることができました。


sainenjimon2


sainenjimon1


sainenji10


sainenji9




sainenji7

sainenji6

sainenji5



sainenji4


sainenji3


また、この途中で石切山脈の近くに石の100年館があり、石のサンプルなどを見ることができました。

isinohyakunenkan1


石切山脈は、民間会社が所有しており、このときは、予約していませんでしたので、
残念ながら見ることはできませんでした。

↑このページのトップヘ